カテゴリー「 教会、キリスト教Church Christian 」の記事

94件の投稿

古い繊細な鍵盤は、だいたいトラエリまでだろうという感じがしてきて、 トラエリオルガンもいろいろ見学中 鍵盤は、木製で、かつ消耗するせいか、 パイプほど残っていません。 最古の鍵盤は、フィレンツェに残っている小さなもの。  …
  パイプのニッキング 下から見ると見えないので、気にしていなかったけど、 勉強しました!! あちこちの弾いてるオルガンで、自撮り棒を使い、少し上から写真を撮ってみる。 意外にも古いオルガンのパイプに入っている …
フレスコバルディが弾いたと思われる、 フェラーラのファケッティオルガンを見てきました 内部にファケッティのパイプが残るというオルガン、 かなりの本数が古いパイプのようでした! ファケッティのオルガンは、以前は反対側にあっ …
フィレンツェで1番古い、イタリアで二番目に古い現存するオルガン ドメニコ・ディ・ロレンツォ・ダ・ルッカが1509-1521年に作ったというのを、見てきました 山を超えたトスカーナのオルガンは、まだあんまりチェックして無か …
1603年に初版が出たらしい、絵画のシンボルについての辞書みたいな本 「Iconologia 」Cesare Ripa著 を教えてもらった! 6版まであって、これは1618年にパドバで出版されたもの。 版が変わるごとに、 …
Owen Swindale La composizione polifonica (RICORDI) オーウェン・スウィンダーレ ポリフォニー作曲の本です ルネサンスの対位法の本です バロックの対位法とは、全然違うんだそ …
  ベネディクト修道院 修道院らしく、 ハーブやチョコ、ワインなど売ってました😍 買ってきたビスケット、チョコ、どちらも美味しかった😋 大きな教会ながら、 教会らしい雰囲気は残念ながら、無かったですが。。 Pr …
アレッツォのカテドラル アレッツォのカテドラル、ルネサンスのオルガンを弾いてきました 少し複雑な歴史のオルガンなんですが、 1534-36年のオルガンを、再建したルネサンスオルガンだそうで 鍵盤とかは全部新しく、たぶん風 …
モデナ ドゥオーモ Modena Duomo 奥は、ヴェネツィアの聖マルコみたいな オルガンはいまモダンオルガンしかありませんが、 話声の様子を聞くと、 音響良さそうだな〜〜と 外観もすごかったけど、 内部のあちこち、素 …
コレッジョ、に行ってきた メールロの出身地で、若い頃にいただろう教会 オルガンは、その当時のとは、とても違いますが、弾かせてもらってきました スタイルは古い感じもするけど、 16フィートの広い鍵盤は良いけど、 演奏代が真 …
PAGE TOP