カテゴリー「 オルガンorgan 」の記事

79件の投稿

古い繊細な鍵盤は、だいたいトラエリまでだろうという感じがしてきて、 トラエリオルガンもいろいろ見学中 鍵盤は、木製で、かつ消耗するせいか、 パイプほど残っていません。 最古の鍵盤は、フィレンツェに残っている小さなもの。  …
  パイプのニッキング 下から見ると見えないので、気にしていなかったけど、 勉強しました!! あちこちの弾いてるオルガンで、自撮り棒を使い、少し上から写真を撮ってみる。 意外にも古いオルガンのパイプに入っている …
調律をいろいろ勉強してます 野神さんのページに、解説ともに、 「自分の感覚を大切にする」と書いてあります、素晴らしい 機器にだけ頼ると、たまに不自然になりますからねー こっちに調律がよく整っているオルガンっていうのは、  …
フレスコバルディが弾いたと思われる、 フェラーラのファケッティオルガンを見てきました 内部にファケッティのパイプが残るというオルガン、 かなりの本数が古いパイプのようでした! ファケッティのオルガンは、以前は反対側にあっ …
フィレンツェで1番古い、イタリアで二番目に古い現存するオルガン ドメニコ・ディ・ロレンツォ・ダ・ルッカが1509-1521年に作ったというのを、見てきました 山を超えたトスカーナのオルガンは、まだあんまりチェックして無か …
ある方のシェアで、発見。(下に載せているFBリンク)   ボローニャの大聖堂にあるルネサンスの古いオルガンに、見かけ、そっくり!!!   コピーしたように思えます(まったく一緒ではないけど) Paye …
アレッツォのカテドラル アレッツォのカテドラル、ルネサンスのオルガンを弾いてきました 少し複雑な歴史のオルガンなんですが、 1534-36年のオルガンを、再建したルネサンスオルガンだそうで 鍵盤とかは全部新しく、たぶん風 …
コレッジョ、に行ってきた メールロの出身地で、若い頃にいただろう教会 オルガンは、その当時のとは、とても違いますが、弾かせてもらってきました スタイルは古い感じもするけど、 16フィートの広い鍵盤は良いけど、 演奏代が真 …
ボローニャ郊外 アガティの一作目のオルガンだそうです〜 ミーントーンで、風圧は私には高いので、リピエノはうるさいけど、 プリンチパーレに、+フルート12、 ヴォーチェウマーナも良くて、 かわいい、良い感じのオルガンでした …
  ボローニャ近郊で、よく知られている?小さなチプリオルガン なので、前にも来てますが、 今回は見たいという知人も一緒に。 パイプにはチプリのマーク?が入ってて、でも磨かれたのかピカピカしてます 磨かれているの …
PAGE TOP