カテゴリー「 歴史history 」の記事

79件の投稿

  Manuscritto di Pietro di Mattiolo 1413-1422 ボローニャの神父さんが書いたボローニャの記録(1413-1422年) を読んでいる   内容はぜんふ分かるわけではないけど、 イ …
1603年に初版が出たらしい、絵画のシンボルについての辞書みたいな本 「Iconologia 」Cesare Ripa著 を教えてもらった! 6版まであって、これは1618年にパドバで出版されたもの。 版が変わるごとに、 …
アレッツォのカテドラル アレッツォのカテドラル、ルネサンスのオルガンを弾いてきました 少し複雑な歴史のオルガンなんですが、 1534-36年のオルガンを、再建したルネサンスオルガンだそうで 鍵盤とかは全部新しく、たぶん風 …
    コレッジョ、に行ってきた   メールロの出身地で、若い頃にいただろう教会   オルガンは、その当時のとは、とても違いますが、弾かせてもらってきました     スタイルは古い感じもするけど、 16フィートの広い鍵盤 …
Palazzo Te, Mantova  邸宅テ、 マントバ マントバの街外すぐにある大きなルネサンス邸宅 巨人がたくさん書かれている部屋が有名みたいです、 まるで遊園地に入ったかのような こんなのを大昔に作ってしまうな …
  ピアツェンツァにあるセラッシ、 パードレ・ダヴィデの有名なオルガン   オルガンは、 19世期のなので、私の好みではありませんが、 教会はルネサンスの、 見事な!!素晴らしい〜〜     パルマのステッカータ教会に少 …
Piacenza ピアツェンツァ なんて、大きいんでしょう〜 Palazzo Farnese ファルネーゼの邸宅 と、 San Sisto 聖シスト教会のファケッティオルガンは、修復中で、箱だけ
パルマのオルガンを、いろいろ見に行ってきました!! まずは、 アンテニャーティのパイプが残っているという、 聖マリア・ステッカータ教会 演奏台は、二つあって、 バルコニーは古い方のオルガンのみ、 電気式の新しい演奏台は、 …
ファケッティのパイプ、を弾きに 聖ピエトロ、モデナ フロントパイプがファケッティ1524年、 という貴重なオルガン! 小さなパイプが残っているのは、比較的多いけど、大きなのは、とても貴重です でも、内部や鍵盤、他は殆どか …
    モデナ、聖アゴスティーノ教会   ファケッティのパイプが残っているというので、 弾きに行ってきました   聞くところでは、100-150本くらいが古いルネサンスのパイプと! 総合的には、悪くないオルガンです    …
PAGE TOP