聖ドメニコ教会と、ペーポリ家

 

聖ドメニコ教会の、このオルガンをよく弾かせていただいているのですが、

少しずつ、他の情報収集しています。

 

下の写真の右にオルガンがあります。教会の中の小さなチャペルです。

大きな教会には、教会の中に、さらにこういった小さなチャペルが沢山あったりします。

教会を作ったときに、同時に小さなチャペルが作られている場合(聖ペトローニオはそう)もありますが、

ここ、聖ドメニコの左側にあるチャペルは、

ペーポリ家によって、あとから、追加されたのだそうです。

 

13世紀までは、教会の外に、お墓を作っていました。

力のある方が無くなると、外に、大きなお墓を作っていたので、

古い教会では、ときおり、教会の外に、大きなモニュメント、有名な方のお墓を見ることがあります。

聖ドメニコも、教会の入り口の左手に、残っています。

この中に、棺が入っている小さな建物が、お墓です。

 

その後、ペーポリ家は、教会の中に、お墓を作ってくれないかと、

頼んだんですね。

教会のお返事は、教会をさらに拡大するチャペルを作るならば、そこにお墓を作ってもいいよ、ということで、

交換条件だったんです。

そして、ペーポリ家は、一つ二つと、何個も、聖ドメニコ教会の内部、左手の奥から、チャペルを作っていきました。

 

この写真は、一番奥に並ぶ三つ目のチャペルにある、大きなお墓です。

 

さらに、四つ、五つ、六つと作って、

さらには、作った小さなチャペルを壊して、さらに大きなチャペルにしたり、

 

そして、最後に作り出したのが、

このオルガンのあるチャペルです。

残念ながら、ペーポリ家によるこのチャペルの建設は終了しなかったようで、

その100年後くらいに、グイドッティ家がその建設の続きを行って、作られました。

 

どのチャペルも内装はその後、かなり改修されているので、その当時を見ることはできませんが、

教会を出て、これらのチャペルを外から見ると、

14世紀当時のものが残っているのを見ることができます!!素晴らしいですね♡

 

オルガンと、バルコニー、これらは18世紀に追加されたものらしいです。

 

このオルガンは、古いわけではありませんが、

繊細なタッチの鍵盤で、18世紀のものとしては珍しい、

とても素敵なオルガンです。

PAGE TOP