世界一のクラヴィコード製作の記録 2 – Record of building the best Clavichord in the world (Day6-10)

 

Day 6

真ん中の響板を置くところ、
キットは丸い穴が2つ開いている木材ですが、、
円柱の穴は、音には良くないことがわかっているので、1代目は片側を広げたあとに反対側から穴を塞ぎましたが、、
今回のは、丸ごと板を交換してしまうことになりました。
木目方向も、ここは響板からの振動が届くので、縦方向の方が相応しいと予測されます。

端から1つずつシアノアクリレートで接着していきます。
ここは木片が小さいので、クランプは使用せず。

キットに入っていた木材を使うところが減ってきています。

Placing the soundboard in the middle,
The kit is a wood which two round holes are open, but we know the cylinder hole is not good for the sound. When the first clavichord we spread one side and then closed the holes from the other side.
Today we exchanged the whole board.

The direction of the wood grain is also expected to be more suitable in the vertical direction so that vibration from the sound board reaches here and turns to the bottom.

 

 

 

Day 6-2

周りのパーツも接着し、内側のフレームが出来上がってきました。

鍵盤のピンを打つ木材を交換するので、ピン穴の位置を書き写します。

Adhesion of another parts, the inner frame is almost finished.

We replace the wood that strikes the keyboard pins, so copied the position of the pin holes.

 

 

Day 6-3

楽器の中心を通り、楽器を支え、かつ音を回しているこの木材(濃茶色)の両端を周りの木材と接触させるかどうかを考えるとき、
響板を通る楽器半分を回るループとは別のもう1つのループ振動を考えるわけですが、
楽器の左奥にこんなにも厚い木材が存在し(この写真では右奥、それでもすでに角を大きく削って減らしていますがまだ大きい)、
ここをループは通ることになり、
そもそもクラヴィコードの一般的な構造が理想的なものになっていないので、妥協案としてそれなりに良いバランスのところを取るしかない状況であることが分かります。

結果、1代目のときにも考えたけれど、実行していなかったループ方向、
中心の木材の右端(写真では下側)から楽器の裏側にループが回るように右端は横の木材と接触しないようにし、楽器の裏側にそこからの振動を受け取る補強を追加することにしました。

そして、中心の木材を予定よりも少し補強し、
不必要な固まりである左奥(写真では右奥)の外枠を一部減らそうということになりました。
楽器の強度的にも、すでに十分な厚みがあるので、さらに増やす必要もないし、増やさない方が良いのではないかと予測します。

When considering whether to contact both ends of this wood (dark brown) that passes through the center of the instrument, supports the instrument, and turns the sound with the surrounding wood,
we think of another loop oscillation that is different from the loop that goes around the instrument half passing through the sound board,
There is such thick wood in the left back of the instrument (In the picture right back, although it has already shaved off the corner a lot already large, it is still large),
The loop will pass through here,
Since the general structure of clavichord is not ideal in the first place, there is no choice but to take a good balance as it is as a compromise as it is.

As a result, though our chief also thought of it in the first generation, the loop direction which he did not execute,
we decided not to touch the lateral wood so that the loop turns from the right end of the center wood (lower side in the photo) to the back side of the instrument and add reinforcement to receive the vibration from there on the back side of the instrument .

And, reinforcing the central wood a little more than planned,
It was decided to reduce the outer frame of the unnecessary mass left behind (right back in the photo).
As for the strength of musical instruments, we already have sufficient thickness, so we do not need to increase it further and we predict that it is better not to increase it.

Day 6-4

部材を貼らない部分の底板(写真上部の左右、下側の全体)をかんなと彫刻刀で削りました。

平らな部分は、楽器の音質に良い影響を与えないからです。とくに広い面積の部分は影響が大きいです。
機械で切った正確な平面は、自然界にとって不自然なものであることを思うと、自然なことかもしれません。
底板の裏側も、後ほど削ることになっています。

そして、以前の写真には出ていた鍵盤下の部材を付けないことにしました。写真では左上部半分、底板に対してフレームが切れている部分です。
そこに鍵盤がぶつかると思うと、キットに入っていた木材よりもより相応しい材質にしようかと相談していたのですが、
そもそも鍵盤はそこに当たって止まるわけではなく、弦にぶつかって止まるので、下の部材は無くても良いことに気が付きました。
これがなくなると、鍵盤下の奥の空間が把握しやすくなり、とてもスッキリします。
すでにこの写真でもその雰囲気が感じられていて、また益々キットの木材を使わないことになりました^ ^;

Day 6-4

The bottom plate of the part not affixed the part (left and right on the upper part of the picture, the whole on the lower side) was scraped off with a sculpture knife.

The flat part does not have a positive influence on the sound quality of the instrument. Particularly large area affects greatly.
It may be natural if you think that the exact plane cut by machine is unnatural for nature.
The back side of the bottom plate is supposed to be cut later.

And we decided not to attach the parts under the keyboard which we had on previous photos. In the photo is the upper left half, the part where the frame is unclosed with respect to the bottom plate.

We first thought that if the keyboard would hit there, it would be more suitable material than the wood contained in the kit,
all keys does not stop by there, because it stops hit a chord, we noticed the part under the keys is not necessary.

When this disappears, it becomes easy to grasp the space under the keys, it is very refreshing.
The atmosphere was already felt also in this picture, and it became not to use the wood of the kit more and more ^ ^;

ー - -

a special 番外

HAPPY HALLOWEEN 🎃

クラヴィコード作りの合間は、隣にある改造チェンバロを弾いてます。

この鍵盤もよく奥の方を見てください!
鍵盤のエッジ、角を少し削いであります。

クラヴィコードの部材も鍵盤も、こうやってあちこちの角を落とすのが効果高いのですが、、
たくさんあって、大変です。

 

 

Day 7

昨日の続き。

側面の平面も削ります

Cut the side plane.

Day 7-2

鍵盤のピンを指す穴を開けるところに、
小さな穴を付けておきます

Where to drill holes pointing the keyboard pins, putting small holes

 

 

 

Day 7-3

響板の作成

Sound board

 

 

 

Day 7-4

鍵盤の奥で、鍵盤をガイドするピンは、
通常の金属から、竹に交換します

丸よりも楕円の方が良いので、
丸の穴に差せるように加工しています

Day 7-4

In the back of the keyboard, the pins to guide the keyboard,
We exchange it for bamboo from ordinary metal.

Since an ellipse is better than a circle,
We are working to fit them into a round hole

 

Day 7-5

外枠を少しだけ接着しました

 

 

番外 A special

クラヴィコードの新しい形??

New style of clavichord??

 

 

Day 8

鍵盤ガイドのピン作りの続き。
半分くらい終わりました。

竹のピンは、後でシアノアクリレートでコーティングして使います。

Continue making the pins to guide the keyboard.

The bamboo pins will be coated with cyanoacrylate later.

Day 8-2

響板
叩いて音の響きを聞きながら、スクレイパーで表面を削っていきます

表面がテカテカときれいになっていきます

Sound board

hitting and listening to the sound, we scraped the surface with a scraper

 

 

 

 

 

Day 9

外枠の一部を接着したところです

gluing a part of the outer frame

 

 

 

 

Day 9-2

サウンドホール

Sound hole

 

 

 

Day 10

内部のニス塗り

ます塗る前に、トレシーで内部をきれいに拭いてから。

Internal varnish coating

Before coating, wipe the interior clean with Toraysee.

  

It’s very beautiful!!

 

 

 

Day 10-2

鍵盤下の部材を接着(バランスレール)

Adhesion the parts under keyboard

 

 

 

続く、  to next

 

世界一のクラヴィコード製作の記録 3 – Record of building the best Clavichord in the world (Day11-)

 

 

 

前のページに戻る return to page 1

世界一のクラヴィコード製作の記録 1 – Record of building the best Clavichord in the world (Day1-5)

PAGE TOP