世界一のクラヴィコード製作の記録 1 – Record of building the best Clavichord in the world (Day1-5)

Facebookを使っていない方もいるということで、

すべての記事をこちらのブログへコピーすることにしました.

私達が、既存の方法とは違う特別な方法で制作したこの楽器の記録は、クラヴィコードだけでなく、

他の楽器への応用も可能で、多くの人の目に触れてほしいと思っています。

説明文は十分ではなく、何をしているのかと思うばかりか、おかしいと感じられるものが含まれることは予想しています。

お問い合わせ、質問は大歓迎です、出来る限りお返事し、有用な情報を更新したいと思います。

私個人が限られた時間のなかで、自分で制作するという前提のこの制作は、

完璧なところには到達していませんが、現時点でおそらく世界一、クリアで美しい表現できる音のクラヴィコードだと自負しています。

オリジナルは、こちらのページです。

https://www.facebook.com/clavichord.jp/

2019年1月8日 斉藤はる奈

 

I decided to transfer all these articles about my clavichord from Facebook. because someone don’t use Facebook.

This building method is not regular, very very special new one by us, and it’s possibile to apply for also another instruments, not only clavichord and keyboards.  I hope many persons will look and have interest in our building method.

I know there are not enough informations for you to understand well for what we are doing, and you will sometimes even feel very strange.

Welcome to asking questions and something about our special building, and I would like to update more informations.

This clavichord is not all perfect for us because it’s based that I myself do this building during my limited time, I am a player not builder. My friend, a specialist Japanese helped many things for this building, all building is based by his new special building method. We think this clavichord has the best sound for playing with clear and beautiful expression in the world now.

The original page is here.

https://www.facebook.com/clavichord.jp/

2019. 1. 8. Bologna, Haruna Saito

 

ー ー ー

はじめに♪

クラヴィコード製作 は、
製作記録、メモなどをまとめるページです。

東京練馬でクラヴィコードを作っています。

キットをベースに使用して、あまり手間、時間をかけずに、新しいことや開発も最低限にして、
一号機と同じようなものを作る計画です。

とはいえ、現在世界一のクラヴィコードかもしれない一号機より少し良いものが出来るはずです!

斉藤はる奈  2017年10月4日

 

introduction

We are building a clavichord in Tokyo, Japan.
This page summarizes the record of building our second clavichord, photos, memo and so on.
Using the kit as a base, do not need much time and effort, Minimize new things and develop,
We are planing to make second clavichord similar to First one.
Nonetheless, the second clavichord a little better than the first one, we think, that might be the best clavichord in the world now!

Haruna Saito, Tokyo  2017.10.4

 

 

ー ー ー

Day 1

We start to build my clavichord today!

今日から製作開始です(^○^)

製作1日目

クラヴィコードキットを出してきて、
鍵盤を少し加工。

加工している写真はまた後ほど!

 

 

Day1-2

This is our first clavichord

1台目の写真。
今回、ほぼこれと同じものを作っていきます。

フランス?から購入したクラヴィコード製作キットをベースにして、いろいろ手を加えて、作られています。

Day 1-3

 

鍵盤加工
keyboard planing and cutting edge

ザラザラの面をカンナをかけたり、
角を落としていきます

削っていくと、みるみるうちに様子、音が良くなっていくのが感じられます

La tastiera di clavicordo, lavorazione

 

2日目, 2nd day

パーツを並べて、変更する一部の木材も並べてみました。
おおよそのプランは確認できました。

We ordered some parts of clavichord, and also changed some wood,
could confirm the approximate plan to build!

 

 

3日目 3rd day

使う木材パーツに、振動ブラシをかけていきます。
内部や表面にある細かな木屑を取り除くのです。
表面に艶が出て、木材を持って叩いてみると、良い音がするようになってきます。

Day 3 3rd day

applying vibrating brush to the wood parts for removing wood scraps inside and on the surface.
Gloss comes out on the surface and when hit the wood, will get a better sound.

3rd-2

鍵盤にナンバーを書いていきます

Writing numbers on the keyboard

自分の手書き文字が楽器に残るって不思議な気分です

 

3rd-3

底板にパーツを正確に並べて、
鉛筆でパーツの場所に線を書いておきます

Place the parts exactly on the bottom plate and write lineS in the place of the part with a pencil ✏️

3rd-4

外枠や内部のパーツを切断して、おおよそのパーツが揃いました

Cutting outer frame and internal parts, we got the approximate parts

Day3-5

木材の切断面

左がキットの業者、右がこちらで切った面
どんな工具で切断したかどうかで、こんなに違うので、びっくりです。

楽器の場合、木材の表面状態は音にとても大事です。
きれいに切断されている状態がもちろん良いです。

ただヤスリがけはNGです。一見して見かけはきれいに見えるものの拡大してみると、表面はボロボロなんです。もちろん音も悪くなります。良く切れる刃物でスッパリときれいに切った切断面がベストです。

Day 4

底板の切断

角がないだけで既に良い雰囲気です。
なぜこれまでの楽器は、四角に作っていたのだろう。

Cutting of the bottom plate

It is already a good feeling from no corner.
Wonder why they so far were made in square?

 

 

 

Day 4-2

接着するパーツの角を丸めます

丸めてある方は上等な感じがします

Round the corners of the parts to be glued, feeling it excellent.

Day 4-3

パーツを接着しない部分の底板は、そのままではなく、かんなで削っていきます

 

 

Day4-4

部品を接着していきます(^○^)

部材の接着はシアノアクリレート100%を使います。

glueing

We use 100% cyanoacrylate


a special  番外!!!!

 

弦は外枠に止めた方が音が良い、
という衝撃の事実。
(写真はチェンバロ)

The sound is better if you stop the string on the outer frame,
The fact of the shock! (The photo is in the case of a harpsichord)
The clavichord under construction also takes this method.

通常のクラヴィコード、チェンバロは、
内側にある金属ピンに弦を引っ掛けるのですが、
ここの工房で作っている楽器は、外枠に直接弦を張っています。
この方が音は良いことが分かったからです。

外枠に弦があると、
引っかかったり、見かけがスマートなわけではないけれど、
飾っておくものではなく
楽器なので、性能重視です。

製作中のクラヴィコードもこの方式を取ります。

 

 

Day5

接着がよく乾いてから、クランプを取りました。

良い雰囲気です(^○^)

got clamps after the adhesion dried well.

It sounds very well !

 

(はじめから5日目まで)(beginning to day 5)

 

つづく continue to next

 

世界一のクラヴィコード製作の記録 2 – Record of building the best Clavichord in the world (Day6-10)

PAGE TOP