古いイタリアのカレンダー、自分の誕生日の曜日が分かる

 

修道士の知人が、

イタリア、カトリック教会にある古いカレンダーを教えてくれました。

 

これを見ると、特定の日の曜日が分かります♪

 

たとえば、自分の誕生日、何曜日だったか、知っていますか?

また、歴史のなかで、この日は、何曜日って知り合い場合、これで分かります。

 

私は、これで見て、土曜日でした(^^)

 

手順は、

1.

3の表で、19**の段(上から5段目)と

1の表で、下2桁 **を探し、

1の表で列を見つけたら、そのまま上に上がって、

2の表で、上から5段目の数字が、いくつか確認します。

私は、ここで「2」でした

 

2.

4の表で、その太字の数字の段を見ます。

自分の生まれた月の列の数字を確認します。

・Gennaio / 1月
・Febbraio / 2月
・Marzo  / 3月
・Aprile / 4月
・Maggio / 5月
・Giugno  / 6月
・Luglio  / 7月
・Agosto  / 8月
・Settembre  / 9月
・Ottobre  / 10月
・Novembre  / 11月
・Dicembre  / 12月

私の場合は、2段目の3月なので、「5」になります。

 

3.

5の表で、その太字の数字の段を見ます。

上から、生まれた日付の列を選び、そこに書いてあるのが曜日です。

曜日の頭文字ですね。

・Lunedì  / 月曜日
・Martedì  / 火曜日
・Mercoledì  / 水曜日
・Giovedì  / 木曜日
・Venerdì  / 金曜日
・Sabato  / 土曜日
・Domenica /  日曜日

私はここで、S だったので、土曜日の生まれです♪

 

 

歴史の中で、何日に何があった、なんてときに、

これを使うと、曜日が分かるのだそうです!

 

これを教えてくれた修道士さんのいる、聖ドメニコ教会では、モーツァルトがボローニャに来たときにコンサートをしたそうですが、

このカレンダーで見て、その日は、土曜でした♪

大事な日曜日の前の、土曜の夜に、演奏したんですねーー

 

*世界のカレンダーが統一された時期が国によって違うので、少し注意です。イタリアでは、1582年にうるう年の調整がありましたが、国によって、それを行った時期が違うそうです。

PAGE TOP