キャラ無しオルガン、音響は下と上で違う

 
 
 
いつも上で弾いているので、知らなかったのだけど、、
下で聞くと、あんまり音響良くない😆
 
ザワザワが、繊細さを消してしまうみたいです。
人が少ないときは、もっと違うかもしれません。
 
Capella di Rosario a San Domenico
 
なんというか、相変わらず、
キャラクターの無いオルガン。。
 
今日は、意図のあるしっかりした演奏で、モーツァルトのオルガンに変身。
 
鍵盤は繊細で良いんだけどなーー
勿体ないオルガン。
 
モーツァルトが来たオルガンということで、古典調律にしないのかもしれないけど、
なんにしても、キャラが無いと、、反対に弾くの簡単ではないです
 
ジョバニョーニのオリジナルがキャラ無しだったのか、それとも改変されるうちにキャラ無しになったのか、、うーむ
 
聖ドメニコ教会、ボローニャ
 

PAGE TOP