録音した音楽は、冷凍品

録音CDは、コンサートを”冷凍surgelare”したもの❗️
音楽史の本から、面白い記載を見つけた😲
便利だけど、実際に聴くのと、違うよな、違うよな、、
と思っているので、コロナで配信が流行ってても、私はせずにいるんですけど。
どう表現したら、いいって、
冷凍!!
どんな表現が合うのだろう、、
インスタンス品かなと思ってたけど、そこまで悪くもないかも、、
冷凍は、それよりシックリきます
さて、
食べ物に置き換えて、イメージしてみよう🍝
有名シェフのメニューが食べたいけど、
日本からイタリアまで行くのは簡単ではない、
イタリアも田舎に住んでたら、近くもない、
スーパーで売ってるその冷凍品を試して、美味しかったら、機会を狙って行ってみようか?!
イタリアのスーパーに売っている冷凍ラザニアも、結構美味しい。
自分で一から作ることを考えると、お手頃です。
結構楽しめる、冷凍品❗️
レストランの雰囲気、地域の雰囲気、
気候、そこから得られる総合的なものは得られないけど、
普通の人が、普通に楽しむなら、悪くない😃
では、
イタリアに行ったことがない料理人が冷凍ラザニアを食べて、再現しようとしたら、どうだろう?
コピーの範囲を超えて、独自に研究し、
日本人に美味しいラザニアを研究するなら、ヒットするかもしれない❣️
イタリアのラザニアに作りたいなら、プロの料理人が冷凍品で味比べをするのは、
ちょっと違うでしょうー
さて、話を音楽に戻します🎶
音楽を楽しみとして消費するなら、冷凍品もokだろう
では、音楽を作る音楽家が、
冷凍品を参考に作るっていうのは、
そう、違います
冷凍品を参考に、独自のものを作るならok
冷凍品を参考にコピーを作るのは、ね、
演奏も、楽器も、そうでしょう。
生演奏は、凄いわけです✨
昨日聴いてきた学生の演奏でも、やっぱり生演奏は、いいですよね。いろいろ分かる。
音響とか、もちろん難しい、
良い環境ばかりではないです
オルガンは、建てる、と言います(作るではなく)
最近あちこち転売されてしまったりしてますが、
やはりあるべきものと場所に在ることが大事です、絵画もね。
それが一流のものであるほど、
その場に合わせて作られているわけですからね!
ちなみに、コンサートという音楽の場は、
19世期ドイツから始まってて、
ということは、
その前の音楽は、コンサートという場で演奏される目的で作られてないってことです、
コンサートって違和感ありますよね。
早くイタリアと日本の往来が自由になると良いですね✈️

PAGE TOP