パイプのニッキング

 

パイプのニッキング
下から見ると見えないので、気にしていなかったけど、
勉強しました!!
あちこちの弾いてるオルガンで、自撮り棒を使い、少し上から写真を撮ってみる。
意外にも古いオルガンのパイプに入っていることが分かった。
でも、入っていても、きれいな音色のパイプは結構ある❣️
そして、入れてなくても、、
色合いの無いパイプは、ない、、つまらない🤭
ニッキングも見かけから分かるから、
注目されやすい問題なのだろう。
風圧の上がった時代に加えられたもので、
ルネサンスのスタイルには無い方がいいんだろうけど、
少なくとも私には、ニッキングの有無よりも、音色の色合い、豊かさの方が断然に大事です😘😘
豊かなパイプは、歌い手の声のようで、
3音弾いただけでも、楽しめる🥰
反対に、
色合いの無いパイプは、きれいに鳴っていても、機械のようで詰まらなく、
なにか曲を弾かないことには、
楽器として、楽しめない🤣
どっちが良い?!
音色の楽しみが減ってきた時期から、
いろんなイミテーションのストップやら、
音楽には、シャープやフラットによる和音の変化、そういうものが出てきたと思ってます
バロックに入るところね🎶
美味しい食材なら、いろいろ加えなくてもいいのと一緒です。
音楽も自然派に、、なっていくことに期待

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/4206/trackback

PAGE TOP