ピエベ・ディ・チェントのオルガン

 
 
 
ボローニャの北、
チェントの隣町、ピエヴェ・ディ・チェント。
 
教会は祝日の準備をしてて、飾られていました!
 
ここの小さなオルガン、
とても良い感じのオルガンでした😃
 
鍵盤はそんなに古いなさそうなのに、弾きやすい
パイプの並びも勉強になる❗️
 
そして、
色合いのあるパイプたちでした✨
 
 
 
 
たまにある、鍵盤の白いポッチ。
飾りにしては、、重要な鍵盤にこれを付けるのは、不思議でならない、
ただの飾りだと、、私には思えません。
貴族向けの装飾チェンバロとは、、違うわけで!
 
実用だとすると、
盲目のオルガニスト向けだろうか、鍵盤の様子が端が分かる。
盲目までとは行かなくても、
目が悪い、
また光があまりないときにも、白いぽちは有効だったのかもしれませんね!!
 
トラエリのオルガン、初代のカルロにも、この白いぽちはあったりします。
見に行った時点では情報がなかったのですが、
初期バロックかなという予測で、
トラエリのオルガンでした。
 
違う場所から、運ばれてきたオルガンです。
 
Pieve di Cento
 
Francesco Traeri 1726 (1993 restauro Marco Fratti)
 
 
 

PAGE TOP