聖ミケーレインボスコのファケッティオルガン

別のファケッティオルガンをチェックしに😃❗️
ボローニャ中心部から徒歩でも30分という近くにありながら、
見に来るのが、後になってたのは、
数年前にゲストさんと一緒に来た時の印象が、
うるさい音でとてもルネサンスのオリジナルではない!!
というイメージだったから😅
今回はより詳しく調査に来ました😃😃
弾いた印象、これってザニンの作った新しいオルガンなんじゃないか?
と思うくらいな感じ🙂
ザニンのモダンイタリアンオルガンの質は高いし、鍵盤は軽いし、全体的にも悪くない、
でも、
歴史的かというと、鍵盤のタッチから、音色まで、弾いてて、ルネサンスな感じはしない🤨
とくにプリンチパーレは、強いし、音色もバラバラ、整音が必要です
教会全体に響かせるという意味では強いけど、ルネサンスの強く響く音色ってこういうのとは違う気がします。
リピエノのストップ高音も強くて、重ねていくと、低音が弱くなる。
これも、高音の気音が強くなるバロック以降の傾向なんじゃないだろうか?!
フルート8は、色合いもなくてモダンみたいな音色。12のがまだマシのような感じですが、それでも12もバロックかなというような感じ。
なので、プリンチパーレにフルートを足しても、なんだか色味がない。
いろんなのを試して、比較的良かったのが、オクターブ♡♡
オッターバのストップを1オクターブ低いところで弾く。カヴァツォーニなど弾くには、これが一番良い選択です。
でも、Do1-Mi1までのパイプは欠けていて、オクターブ上が鳴るタイプのオッターバなので、低音が多い曲だと、下が響かないよってことで、トッカータなんかは物足りない🤔
カンツォーナを弾くのには良いです!
このオッターバに、XVやその上を足していくと、やはり高音が強めなのは気になるけど、変化を加えるという意味では許容範囲。
オクターブ下で弾いているので、フルート12は使えない。
フルート8を加えると、気音が二重になり、調律だけでなく、音色も全然合わないのが混ざるので、色合いは増えるものの、無理に混ぜたような、趣味の悪い感じになる😂
フロントのプリンチパーレの配置は、とても変な感じで、低音から中心部、サイドのあとに、柱の後ろにそれぞれ1本ずつパイプが隠れていて、そのあとに中サイドの短いパイプに続く。
鍵盤は重くなく、普通のオルガンとしては練習用に悪くないけど、ルネサンスの音楽には向かない触り心地。古いイタリアンの鍵盤とは全然違うたっちなので、これでイタリアのタッチを習得するのは無理です。
オイルが足りないのか?内部のメカニックからキュッキュッと音がしてて、弾いててとても気になります🙃これは歴史的とか難しいことを考慮せずにも簡単に直るんじゃないだろうか、
プリンチパーレのレバーも、内部で雑音がするので、要チェックです
整音は難しいけど、聴く耳の人と一緒に良い整音ができたら、かなり変わるのではないだろうか。
内部に見えるパイプの多くが、写真のように上に追加をされてて、オリジナルとは変わってしまっているが、
少なくともパイプの一部の金属素性は古いわけです。
音色の質としては、モデナの聖アゴスティーノの方がまだ良いです。
でも、あそこの鍵盤は、ここよりも重くて、大変!
あとは風圧がもっと低いと良いです。
ただ、風圧をただ下げると、ボーボーっていう詰まらない音色になり易い気もしてて、
風圧が低く、豊かなに鳴るパイプの調整って
もしかしてかなり難しい?!
と最近感じてきてます。
ファケッティは、当時のオルガンビルダー(ルネサンス最後のチプリなどの前の世代)でも、音色が素晴らしいという天才❣️だったそうなんで、
あちこち引っ張りだこで、重要な教会のオルガンを作っていたんですね😍
ファケッティのパイプは、チプリとかと違うのかなと思ってたんですが、むしろチプリとかがお手本にしたオルガンだったのではないかと思うわけです。なので、私の印象は彼らは同じ系統の音色です。
なかなか美しいパイプには会えないな〜〜
この聖ミケーレは、ルネサンスの雰囲気が内部にも残る重要な教会!
教会の事務の女性が本で読んだ気がすると教えてくれた情報によると、
オルガンは以前は、このバルコニーではなくて、左サイドの違うバルコニーにあったんだとか。
このオルガンの前のオルガンかもしれないです✨
オルガンのケースに、
ライティングのライトを付けるのは、やめてほしいなと思う。。どんなセンスなんでしょう。音が悪くなります。
他の大きな教会は大抵、他の離れたところからライト当ててます🙃
オルガンケースの金ピカ装飾も、もしかしたら後のバロック自体かもしれません。
San Michele in bosco, Facchetti organ
丘からボローニャの街が見えます。
このときに撮ったFB動画を、載せておきますね!
https://www.facebook.com/haruna.org/videos/3140002902751961

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/3966/trackback

PAGE TOP