聖ペトローニオ、グリフォーニ企画展

先週からやっと始まった展示を観に行ってきました😍😍

素晴らしい

 

聖ペロトーニオ大聖堂にあった15世紀フェラーラ派の絵画ですが、

その後の時代に、チャペルの改装の際でしょうか、あちこちに売られて、
いまは、アメリカ、ロンドン、パリ、ヴェネチア、フェラーラ、
あちこちに散っていたものを集めて、
数百年後、はじめて、一緒に見られるという貴重な展示❣️❣️

 

 

来れない方のために、この動画😃❗️(イタリア語)

Il Polittico Griffoni: il capolavoro riscoperto
とてもきれいに写っています🥺❣️

 

絵画自体だけでなく、
展示の仕方も、素晴らしい〜

 

聖ペトローニオ大聖堂の修復プロジェクト、いや、かなりの教会の修復に携わっている建築家のお友達が

この展示も扱ってます。

さすが素晴らしいセンスです😃❣️

 

Il polittico Griffoni a palazzo fava, Bologna

 

Palazzo Fava

via Manzoni 2, Bologna

 

ウィルスの影響で、予約制になってますが、
まだ来ている人がとても少ないので、
時間によっては、予約無しでも入れたり。
博物館スタッフも、こんな貴重なものに、人が来ないと嘆いていました。

 

FBの方には、一部の写真しか載せていなかったので、

こちらには、全部!!!

 

ただ、アップロードが2MB以内なので、

オリジナル写真はアップできなかったのですけど。

 

 

モデルは、この絵画を発注した裕福な人と、その奥様らしい。

 

ここまでが、フランチェスコ・デル・コッサ Francesco del Cossa の作品で、

ペストで亡くなってしまい、

そのあとを弟子のエルコーレ・デ・ロベルティ Ercole De’Robertiが引き継いでます。

エルコーレの絵は、ほんとに細かい!!

 

聖ペトローニオ!!

 

 

ここからは、横に長い絵画を、いくつかに分けて、撮影してます。

上の縦長長方形の人物もそうですが、これらの絵画、とっても小さいんです!!

非常に細かく書かれていて、、すごい、、、

 

これが、現在の聖ペトローニオ大聖堂の、元グリフォーニチャペル Capella Griffoni

大聖堂を入って、左の6番目の小さなチャペルです

 

パネルが置いてあるのは、なにかの準備かなと思ったのですが、

この展示会より以前に、大聖堂で展示をしていたそうなので、そのときのものかもしれません

 

いまの様子は、当時のルネサンス風ではなく、

元のように、復元しようというアイデアもあるそうですが、

かなりの費用がかかりますからね、、どうなるでしょう。

 

大聖堂の建築が始まったのが1390年、

そのあとのルネサンス時代に作られたこのチャペル。

古いオルガンと同じ時代です。

残念ながら、オルガンの表にあったらしい扉(絵画)は、失われてしまっていて、在りません。

ヴェネチアとか、あちこりでは、きれいな扉は、

オルガン再建のときに、扉だけ残っていたりして、展示されているんですが、

ここのは、無いんです。残念。

 

https://www.facebook.com/haruna.cembalo/posts/1724000564405974?__xts__[0]=68.ARAAU9BJO6SeXtqYvUq-pc9-OBB_NY7j5OdEpfOvjsdbTkth9qkqykPplkV1ebvbKctjDrBolLhAnopz0jmBIZmhiHvnQsnG5SG5O4sYcwbBkVlz47tSRd0PFL0I9XhEvQi9YbWVrGzrcw0W2JpXn25RKmbYTrjcH_ZjkfYQG9_z1raIO4l0I34tD9aI3VnHFMAxi3FlDfmOv2r9yExK6GQJylrPPLb6_58tP2ivtGljU-6eRKgkXaBl-0QMSDoBTEHpq9XM2P9Qc-0Bi-29MeEdnFr1sSrpCbNGgmabwrIzv1zlpoe90VDl2kZyvF_VRD3SkXyUGirkoHBriwYgV7F8SKR50a0Cb0eLUg&__tn__=-R

 

 

PAGE TOP