相手に伝わるのは、言葉ではない?人間関係改善

外国に住んだことのある人なら、なんとなく分かるかもしれない

 

「日本語で話せるからって、
相手に話がちゃんと通じているとは、限らない🤣🤣

 

言葉は伝えるツールであって、

相手が同じように、捉えて、聞いてくれているか、

結構あやしいんです

 

でも、

日本人同士、
日本語で話しているから通じてるよねって、いう

片方向からの思い込みが無意識にあることで、
実は揉めることも増えるらしい!

 

外国人同士だと、こういう無意識が起こりにくいので、

実は、喧嘩になりにくいとか。

 

え、だって言ったじゃない!!

分かってたよね!!

伝わってたよね!!

 

ということから、怒る喧嘩。

 

このコロナで、自宅待機になって、身近な人たちと、より近い距離で過ごすことが増えて、

あれ、なんか難しいなって、思っている人たちもいると思います。

 

だから、言葉に気を付けましょう、という話のするのでは、有りません笑

 

言葉はツール、苦手な人もして、それそれでOKなのです。

 

というのは、実は、人間は、言葉だけを聞いているわけじゃないんです!!

 

そう、どんなに表面で、取り繕ったり、頑張ってみたり、、

でも、相手に見えてしまっているのは、

本心で感じていることなのです。

これが、家族の中で、身近な近しい人たちの間で、起る人間関係の問題に関係してきます。

 

心の奥こそで、無意識に出している思い、

これは、表面的に使う言葉よりも、

とっても強力なパワーを持っています。

 

エモフリでは、

その奥深くで感じているものにも、注目していきます。

 

その中でも、

問題を起こすのは、ネガティブな意識、感情です。

それを手放していくことで、

あなたの周りの人間関係は、現実的に、何もしなくても、言葉にしなくても、変わっていきます!!

 

言葉が十分でなくても、
実は結構伝わってる、
必要なことは伝わってた❣️ という経験はありませんか?

そんな感じです。

 

セッション詳細

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/3375/trackback

PAGE TOP