フィレンツェのカテドラル

フィレンツェのカテドラル

 

白と緑の大理石のコントラストは、強烈ですね!
塔は完全オリジナルだそうですが、
教会の正面は、かなり現代に作り直されています、よくよく見ると精巧すぎますよね。

観光客の王道の教会ですが、

私は、

フィチーノ(哲学者) と、スクワルチャルーピー(オルガニスト)のお墓を探しに

残念ながら近くには行けなくて、遠いいので、よく見づらいです。

 

ブルネスキのお墓も発見

 

なんだか、がらんどうな教会です、、

外は、すごいのに、中には、絵画もチャペルも、ほとんど無い。。なんだか不思議です。

 

 

個人的趣味では、この大理石のコントラストの色は、あんまり好みじゃなかったです。

 

ほかの場所もフィレンツェ見ましたが、

聖ロレンツォや、ブルネスキの作った(名前忘れました)教会の外観(すごくシンプルで、びっくり)

シンプルすぎるというか、ブルネスキのセンスが、私にはよくわかりませんでした。。

時代を進みすぎてたセンスの人らしいですが、いや、いまの21世紀でも、、?

 

そして、フィレンツェの通りに並ぶ、(元)大邸宅。

 

フィレンツェは、色合いが、ボローニャやヴェネチアとは、かなり違います。

土色の大邸宅は、すごい圧巻ですけど、、なんか、地味というか、強靭な感じが強すぎて、

私には、あんまり好みじゃない。(好きな方がいたら、ごめんなさい)

 

そして、ボローニャのような、ポルティコ(アーケード)は全くなく、

バーーーンって、邸宅を立てるのが、フィレンツェ風らしい。

 

私には、なんだか馴染めない、フィレンツェ風。。

 

 

さて、話は、大聖堂に戻りますが、

内部がシンプルな大聖堂、中には、あんまり物がない。

そして、これしか物がないのに、

お墓はどこか、を聞いても分からないスタッフ。

 

イタリアの最近の状況、(昔はそうではなかったらしい)の博物館などで、

スタッフは何も知らない、、勉強してない、、簡単に言うと教育レベルが残念ながら、下がっているわけです

観光向けの博物館だけでなく、重要な資料を保存している図書館などでも、熟練していたシニアが退職したあとに、詳しい人は誰もいない状態だったりとか、、

待遇の変化、時代による熱意の変化、いろいろ原因はあるのかもしれませんが、

残念、どうしたら、また取り戻せるのか。。

教会の雰囲気、エネルギーが無くなってしまったのも、近いことかと感じています。

イタリア全体の教育のレベルをあげていく、ことが一つの方策なんじゃないかなと、個人的には、感じているところです。

Santa Maria del fiore a Firenze

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/3141/trackback

PAGE TOP