双子オルガン、ボローニャ♪

二台オルガン、できるようになりました😊

聖コロンバーノ、ボローニャ

 

これまで三台のオルガンがあったけど、ピッチが合わなかったりと、バラバラだったけど、
新しいオルガンは、そっくり双子で、
二台オルガンのプログラムも😃

 

右が新しいオルガンです!(4台目)

organ 1822

An San Colombano a Bologna

 

新しいオルガンの方が音量が大き目なので、バランスは少し難しいですが、
ヘンデルのオルガンコンチェルトなど、通奏低音のオルガンと、ソロのオルガンに使い分けも出来るので、
コンサートの幅がかなり広がったと思います🥺❤️
コンディションも良いオルガンです。

 

これからのここでの、コンサート楽しみです。

 

 

お披露目コンサートが、ありました。

私が習ったイタリアのオルガニスト、一人目のルカ・スカンダリ氏。

ルカ・スカンダリは、メロディが歌われてて、

かつ、繊細な技術で、さすが素晴らしい演奏です。

フレスコバルディもとても美しい。
オルガンの良さをやっと今日になって聴けたなと思いました

 

日本にも来たことがあって、とても良い先生です。

職人的に、丁寧に弾ける、まさに、イタリアのオルガニスト。

たんに技術だけでなく、美しく弾けるオルガニストは、数えるほどしか居ないと思います。

 

とても繊細な方なので、ごくたまに、ふと不安定なテンポも出るけれど、

流れが安定しているので、聞いてて心配になることもなく、共演者とも安定しています。
お元気そうでした😃

もっと聖コロンバーノに来てくれたら良いのに、と思いました!!

 

とはいえ、

フィーリングの強い見事なタミンガの演奏と比べると、

大人しい感じさえします。

新しいオルガンのデモンストレーションは、タミンガの即興演奏で、行われました。

いつも通りの見事な即興演奏です。
聖コロンバーノに、どんなオルガニストが来ても、彼以上に弾ける人はまだ聴いたことがないです。

まさに、ディレクターで、彼がトップという感じです。

 

今日は、ついつい、オルガンばかり聴いてましたけど、
弦も素晴らしかったです。

チェロがしっかりしてて、バイオリンとよく繋がり、オルガンはハーモニーを作る本来の役割になってて、とても良いバランスでした。

やはり、こうでなくては!

通奏低音でオルガンが出しゃばりすぎるのはNGです😆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/2995/trackback

PAGE TOP