聖マルコ、ヴェネチアの音響

聖マルコ大聖堂の音響、先日のブログでも書いていましたが、

Youtubeで2014年の大きな記念イベントVespriの動画を発見しました!!

 

一つ目がオフィシャル

音声はかなり編集されている気がしますが、若手を使ったプロジェクトの様子、音楽家の配置図や、聖マルコの内部の様子、

指揮者の様子、よくわかります!

 

二つ目は、右のバルコニー内部から撮影されたもので、

動画の右端に、Callidoオルガンが写っています。

こちらの方が、音質的には、そのまま加工されていないので、分かりやすいかと。

 

はじめと最後に、2台オルガンの演奏があって、

いやいや、ひどい音質です。

右のオルガンはCallido(後期バロック)、左はモダンのオルガン、20世紀かもしれません、

が二つのチューニングが違うんですね。。モダンの方が低い気がしました。

なので、一緒に弾くと、合わない。

 

また、音質がかなり鋭いのは、壁がモザイク、つまりガラス材質であるせいでもないかと予想します。

 

そして、残響も、とても短い。

このときも、オルガニストは伸びた音を楽しむことなく、どんどん次に進んでいます、、

ボローニャの聖ペトローニオでは、こういう風にはならないです。

 

聖マルコは、豊かなヴェネチアの中でも、最重要な教会でしたが、

音楽を演奏するには、非常に厳しい環境ではないかと思われます。

 

このVespriでは、ソリストの歌い手はマイクを使っています。現代のミサは、どこもそんな感じですが、

昔は、マイクはないわけで、かなりの声量が必要だったのじゃないでしょうか。楽器も歌い手も。

 

指揮者は、メインの方が下に居て、それをコピーするサポートが、おそらく左右にそれぞれ2人、合計5人いるようです(動画には2人写っています)

 

 

ただ残響が短い分、音が混ざりあわず、音がクリアかもしれないので、

そうすると、複雑な音楽も、きれいに届く可能性があり、

そこは実際に聴いてみたいポイントです!

 

 

オルガンを弾くのに、聖マルコをイメージしたら、、残響がとても短いので、

オルガニストは、かなり速いテンポで弾くことになるんじゃないかと、、いやいや、大変です。

 

前回はかなわなった、聖マルコのバルコニー見学(もちろん通常、非公開エリアです)

なんと、教会にアポが取れたので、

バルコニーを見学に、またヴェネチアに行ってくる予定です。

 

 

 

 

PAGE TOP