無声映画+即興演奏のコンサート

無声映画に、即興演奏😃🎶

 

連日、続いた興味深いコンサート!!

 

初日は、

いろんなタイミングを映画に合わせて、

音楽を入れたギ・ボヴェさんの素晴らしい演奏でした

こういう場面には、こういう形の音を使うっていう経験、技術に彼は長けていて、

映画との即興演奏は、

また普通の即興演奏とも違い、
独自の音楽だなーっていうのを感じた日でした♪

翌日は、タミンガ氏の二回公演、

チャップリンの映画5本で、1本だけは1回目と2回目で違う演目ですが、4本は同じ映画、

私は両方とも聴いてきましたが、

二回とも音楽はぜんぜん違っていて、さすがです。

ミサでの即興も聴いていますが、

どんだけ、音楽パターンの引き出しを持っているんだろうと、日々思います。

 

一回目は、より映画の流れに即したものでしたが、
より音楽的な構成で、楽器も良く鳴っている。

好みが分かれるかもしれませんが、

映画の効果音としての演奏を望むか、

音楽的な演奏を望むか。

前者は、長い映画の場合、音楽的には単調で、繰り返しになりがちです。

私は、やっぱり後者のが好きですね。

そして、公演二回目は、さらに、映画から音楽が独立してきていて、

映画のタイミングに即していない部分もあるけれど、

音楽だけ聞いても、音楽のバランスが良いように、より音楽的、

また映画から奏者のイメージするものを、間接的に表現しているのだと思いました😃

 

 

ちなみに、今回は、事前に全部映画を予習してから行きました!!

映画を知らないと、ついつい映画の画面に気を取られてしまって、音楽を聞き流してしまいがちなので。

 

 

昨年もあったので、

また、こういう演奏会やってほしいです。

 

ボローニャ、聖コロンバーノ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/2870/trackback

PAGE TOP