ボローニャの会話スタイル

 

ボローニャの会話スタイル

地元の知人とお店などに行くと、
なにか問題、なにかある度に、
男女問わず、彼らはよく話す(シャイで話さないイタリア人も勿論いる)

いつも思うのだけど、
それらの会話の雰囲気は、けっして楽しそうな感じではなく、
こうこうで、これで困ってて、こんな事情で、、とか、くどくどと説明したり、情報共有するのです

でも、それが、ボローニャらしいスタイルという言う。

不思議だったのだけど、
情報が不足していると、憶測で悪いことを考える人が、
なんだか多いのです。

女性のお友達に聞いてみると、
分からないと、嫌なことを想像するものでしょうって!

だから、説明する、話す、出来る限り情報交換するのが、
彼らの不安を解消し、
結果的に、物事は、スムーズに進む。

面倒だな、、と日本人なら思うかもしれない。

でも、そういうスタイルみたいです

先日、こんなことがあった。

ボローニャ大学の図書館に行ったとき、
入口で、満席だからと入館を拒否される
(荷物を預けるためのロッカーの鍵をもらえない)
→ よく行く図書館でなく、つまりは怪しまれてた

その日は前回に問い合わせてあったCDを館内で借りる予定でパソコンも持ってきていたので(館内には聴ける施設はない)、
何度も重いパソコン持ってこれないし、借りるものも決まっているし、誰かが出ていくまで待つよ、と色々説明をすると、、

CDだけなの?と聞いてくる

今日はそんな時間ないし、用事はCDだけで良い、

という言うと、ロッカーの鍵をくれた😆

実際に、寒い日で、図書館が混雑していたのは事実らしいけど、
残り僅かな鍵を出さない、
ということで、拒否されていたわけです

聞いてみて、ダメ、と言われても、
引き下がらずに、聞いてみる、事情を話す、、
と、実は通ったりする。

ちなみに、融通が利くのは面白いよねということを、あるイタリア人に聞いてみると、
ルールよりも、その人の個人的な感覚でOK!というのを重視するんだって言ってました

この習慣を知っているのと知らないのでは、
物事がスムーズに進むか、かかってくるように思うのは、
イタリアに長い中国人の店員さんは、
こういうスタイルで話し、
それを見た知人は、あの人はボローニャの人だ、ボローニャのスタイルを分かっているって、言ってました
つまりは、親近感を感じるねっていうことです笑

面白い文化です

 

(全員そうであるわけでもちろんなく、あくまで私の得た個人的印象です)

 

 

人の心理、として捉えると、

これらのタイプは、言葉に依存しているところが、大きい気もします

言葉というのは、ツールであって、

お互いの感覚や思いを、完璧に言葉で伝えることは、そもそも不可能なわけで、

音楽や芸術が直接、感覚に訴えることで、ある意味で、言葉より勝るのは、そこにポイントがあります

 

感覚が鋭い、開いている人は、実は言葉はそんなに重要でなかったり。

 

外国人とのコミュニケーションの際に、あるレベルまで来ると、

たんに語学のレベルを上げるだけでは、超えられないことが出てくると聞いています。

文化による感覚の差や、自分のなかでの苦手意識、

別のものが、言葉自体は堪能になっても、

なにか、そのコミュニティにうまく馴染めない、入れない、、という課題が出てくるのだと思われます。

言葉に依存している文化や、そういう人に対してほど、語学ができれば、なんとかなる、とも言えます。

どっちか良いとか悪いとかでなく、特徴ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/2741/trackback

PAGE TOP