何かコピーでは、それを超えられない

 

伝統的とか、だれかのコピーをしようとしている時点で、
それ以上には越えられないのは、
楽器作りも一緒か、

 

と思いつつ、
久しぶりに、クラヴィコードのメンテナンス🙌

 

なぜ久しぶりかって、
調律する度に切れる領域の原因が分かってなく、
一度切れると、張るのに、シアノアクリレートを使うから、少なくともそれが乾くまでは弾けない、
という不便から、
時間をかけても報われない、
自然と、遠退いていました🤨

 

今回、重い腰を上げて、手をつけてみるた、
ふと、
切れるのは、弦の張りが強いからではないな!
と気付き、
切れるのは、エッジの場所かと、
エクセーヌを挟み出したら、
ほとんど切れないではないか!!

 

よく分からないけど、このエッジで弦が擦れるのは、調律する段階で切れるらしい

 

メインの原因はここらしいと分かって、
ステージアップ
弦の太さを変えたりしてみてたけど、
細くすればするほど、
実はより切れるようになっていたのかもしれない😢

 

頻繁に切れてたので、
弦を繋いで張ってあるものも多数(実は音質にはそんなに大きく影響しないから)
止める方にシアノアクリレートを使っているせいです。
でもこの繋ぎ目で切れることも。

 

大きな発見をして、

苦労のステージから、抜け出すことができた。。

ここまで、長かった!!

 

チェンバロとか、クラヴィコードとか、オルガンも、

歴史的っていう楽器作っている人たちは、とりあえず、残っているもの、残っている情報から、楽器をコピーして作る、

というのが、とりあえず王道。

だいたいが、見かけを見て、コピー。

でも、家具じゃないですからね、、大事なのは、出てくる音です。

音は古い壊れた楽器では、聴けないわけですから、、音はコピーできない。

 

全員とは言わないが、多くの楽器は、音を聴いて、作ってるという感じではないらしく、

中でも、見かけばっかりの話、そこに注目する人たちに会って、話して、がっかりしました。

 

私は、日本で一緒に楽器を作らせてもらって、とても勉強になった。

彼らは、コピーをしているんじゃなくて、自分たちで、音を聴いて、作っている。

だから、素晴らしいレベルに到達する可能性がある。

 

もっと、多くの楽器職人が、これに気づいてくれるといいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/2695/trackback

PAGE TOP