音楽を弾くときに、楽器の不調に注目しすぎない

 

音楽を弾くときに、楽器の不調に注目しすぎないこと⚠️

 

メンテナンスしてても、どこか調律がおかしかつんたり、鍵盤が鳴ったり、いろいろ起こるわけですが、、

 

音楽を作っているときに大事なことは、
音がずれているなーーと、
そこに注目しない!!

 

というのは、奏者の持っているハーモニーで、音はわすがに変化するわけです。
弾くときには、理想的なハーモニーをイメージすることで、
楽器はそれなりに反応してくれます(デリケートな反応の良い楽器なら!)

 

このときに、
あれー音が違うよねーズレてるねー
って、楽器に話しかけていると、、

楽器はベストを出してはくれません

 

そのズレが、余計に強調されて鳴るわけです❗️

だって、そこに注目しちゃっているわけだから、、

 

いや、分かってるし、わざわざ注目しないでくれと言っているかのよう、
人と一緒ですね笑

 

どんな状態であれ、
出来るだけ、ベストを作り出し、
楽器のせいにしない😆

それが出来ない人ほど、
ここが悪い、ここが不調だと言っているのを聞きますよね〜

 

教授体質の人に、よく有ります。

こういう話をはじめると、違う知識の話に切り替えてくる。

 

音楽を勉強したいなら、頭、思考を使って良い、そして、本や論文でも書けばいいのですが、

音楽を演奏したいなら、、思考で演奏しないことです。

 

思考で訴えても、、それって、人の心に届かないですから。。

芸術は、心、感覚を使わないと、人の心が動かないのです。

思考を、頭を使い始めると、人間の感覚は鈍くなります、、これは、アーティストしたいなら、NGな方法です。

 

 

とはいえ、
調律、メンテナンスするときには、
どこに課題があるか、よくよく探す必要もある
ので、うまく分ける必要があるんでしょう

 

荒さがしをされたあとの楽器は、
ご機嫌斜めです

 

調律後に、ベストな状態というのができる調律師が少ないのも、

楽器と仲良くしつつ、調律するのは難しいから、、

そのせいかも?

調律後、しばらく良い奏者が弾きこむと安定することが多いですよね。

PAGE TOP