自分の問題を、うまく話せる気がしなくても、セッションできます

 

大きな問題であるほど、

自分でそれを直視することや、

他人に自分の弱みを話すということに抵抗があるのは、普通です

 

解決したい問題がある、

それは、明確。

でも、実際にセッションで、うまく説明できない、

もしくは、他人であるセラピストに、オープンに話ができない、

そんなケースは、有ります

 

大丈夫です

 

言いたくないこと、分からないことは、無理にお聞きしません

 

私のエモフリセッションでは、

ご本人の感じている違和感に対して、アクセスしていきますので、

実は、言葉で、抱えている問題について、よくお話しなくても、

それを解放することは出来るのです

 

もちろん100%パーフェクトのセッションはありませんが、

そのときの原因は、ここでの話の不足、情報の不足から来ているわけではないのです

 

セッションそのときに、あたながお話できる範囲で、

抱えている問題に、一緒に取り組みます

 

エモフリのセッションは、カウンセリングではありません、と注意書きに書いてあるように、

話を聞くことがメインではないのです

そこから解放に必要な情報をいつも得ているわけではないのです(使うこともあります)

 

詳しいところまで、言いたくないけど、

この感じている嫌な感じ、手放したい、

これ、OKです!

 

むしろ、大事なポイントは、

嫌な感じを感じられていること、

と、

それを手放したい、というあなたの思いです

 

ー ー -

アンナのエモーションフリーセッションについてのお問い合わせ、お申込みは、

「セッション詳細、申込」から♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/2656/trackback

PAGE TOP