ミサの内容は、人数によらないはずだ

キリスト教のミサ、

それなりの教会まで、毎日開かれていて、
でも、
やっぱり平日は、来る人は多くないのです。

そして、
そのときの人数を見て、
どのくらいの時間をかけるか、急ぐか、、
ミサを進める側からすると、
そんな話が出るのは、普通だと、
今日まで思っていたんだけど、

違う気がする、と
気付く😳😳

やっぱり急ぐと、さっさとやっているミサって、
雑になって、
エネルギー下がる。

ほんとに、その場に居る人のためだけにやっているのか?

と考えると、
そうでもないような。
教会という場のエネルギーは、ミサによっても変わる、
型によって生まれるエネルギーを人々はいただくわけだけど、それも変わる、

ミサに来て、人が少ない、
そして、神父さんはサクサクと終わらせる、
そんなミサにまた来ようと積極的に思うだろうか。

より来る人が減ってしまうんではないだろうか?!

サクサクでも、エネルギー下がらないなら良いのだけど、
それは、生み出しているエネルギーをよく理解していないと、端折れ無いということにもなる。

オルガニストも、人が少ないからと手は抜かない!笑

繰り返しのことって、
雑になりがちだけど、日々の生活の中でも、
気をつけると良いんだろうなと、改めて思いました😃🧡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/2600/trackback

PAGE TOP