私の歴史、イタリアに来るまで6

 

とりあえず、

一通りはやってみて、それから何を選択するか

 

 

国立のオルガンコースで、学びをはじめ、

ド素人だった私は、

バッハなどのドイツ曲だけでなく、モダンな音楽まで、

はじめて色んなオルガン曲があることを知る。

 

そういえば、チェンバロを始めたときも、ド素人で、ぜんぜん知らなかった。。

でも、やりたいからで、入ってみて、なんだこれはって、周りの学生さんに全然ついていけなかった笑

苦労するけれど、そのうち、そこまで上がれるんですよ!

 

周りに、自分より出来る人がいる環境は、実はラッキー

 

必死に新しいステージに登る努力をするのだけど、

ま、そのうち上がれます、

やめなければ、そのうち必ず。

 

そして、一通りのオルガン曲を、そこそこ習ったところで、

国立のコースも終了し、

さて、と思ったんです。

なにを中心にこれから進めるかな。

 

ここで、イタリアの音楽を選んだのです

 

なぜか、、なんとなく、、かな

古めの音楽が好きだった、ということもあるかもしれない

 

選択肢としては、イタリア、フランス、ドイツ、

どれにするかなって、考えてて、

とりあえず、イタリアから。

イタリアをそれなりに学んだら、次にフランスかドイツにしようって、思いました。

 

なんとなく、でも良い、

なんとなく、が大事なときもある

 

その後、イタリアを極め始める前に、フランスに一度行くも、

その後、また行きたいと思うわけでもなく、いまに至ります。

 

 

イタリアを選んで、どう進んでいくのかは、

また次回に!!

http://annafree.info/archives/2503

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/2499/trackback

PAGE TOP