チェントのオルガン

ボローニャから車で一時間くらい、
チェントと隣りのピオベ・ディ・チェントに行ってきまし😃🎶

この地区は、地震の大きな被害を受け、
チェントの大聖堂にあるオルガンもしばらく使えず、修復中でした。
昨年かな、修復が終わったと聞いてて、行こうと思ってた場所の一つ❣️

1775年のベネデットのオルガンという記載だけど、パイプはマラミーニの古いものがある、
という事だったけども、
音色的には、マラミーニ??
ではないような。。
12フィートの大きなオルガンだけに、残念〜

ネット検索して見つけたオルガン情報です


そんなに煩い音色ではないけれど、調律だけでなく整音の必要なパイプがあちこちにあり、
ソロプリンチパーレ、ソロフルート、、
いろんな組み合わせを試したものの、
うーん、ストップをいくつか混ぜて誤魔化して、弾けるかな、みたいな様子でした😕
現代の新しい鍵盤もゴムのように重くて、ちょっと疲れます。

このオルガンのパイプって、ほんとにMalaminiなの?と知人に聞いてみるも、やはりYesという返答。。
不思議に思っていたのですが、ふと気づきました!

一つのストップの全部のパイプがMalaminiではなく、いくつかのパイプが混ざっているということじゃないかと!
スイスのシオン、最古のオルガンも、何本かっていうことのように。
それなら納得です。

というのは、一つのストップの中で、音色のバランスがあまり良いわけではなく、整音した方がっていうパイプがあったり、
曲を弾くとあれれ、うーん、1ストップで美しく弾けるストップが無い、Principaleも12と、8Fが二つもあるのに、Ottavaも、どれも単独では、いまいち。。でも、その中に、ちらほらとMalaminiのパイプが混ざっているよ、というならば、可能性ありです。
そして、書類、記載としては、1775のベネデット、としか書かれていないのも筋が通り、
私の中で、納得^^♪

ボローニャにあるような、1ストップで美しく古い音色の響くオルガンは、やはり数少ないのかもしれません。

ただ、
教会自体は、音響の良くて、素晴らしかった😊
音の残り方が良かったです。
合唱のコンサートのポスターも見かけ、
きれいに声が響くのだと思われます🎶

向かい側には、オルガンを装った木製?のフロントだけが有ります。
一見パイプがあるのかと思っちゃいました😆


チェントは、グアスタッラと同じで、大きな街の一つ。
オルガンは4台あるそうです。
地震であちこちに亀裂が入った建物や柱がいまも見かけることができます。

ー 場所: Parrocchia di San Biagio di Cento

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/2420/trackback

PAGE TOP