サンタアガタのオルガン、修復終了

この日も、別の古いオルガンを見に😃🎶

修復が終わったばかりのオルガン❣️
古いパイプが入っているよ、という期待大のオルガン、
それなりに期待通りでした😃

まだ教会内は、修復しているところもあり、教会はまだオープンしてません。

プリンチパーレは、まあまあ。低音域にチプリのパイプが混ざっているなのだとか!
パイプにチプリマークが入っているからチプリ、というけど、、
ほんとかな😲
マークなら真似できますからね。。
でも、ソロプリンチパーレだけでも古い作品がまあ弾けるくらいに良い音色です😃

オッターバは美しく、楽しめました🌹
より古い音色と感じたのですが、コロンナのパイプだそうです。
XVも、良かったです。

フルートはそれなりに美しいのだけど、音色が弱いです。
オルガン全体が箱の中に音が少しこもってて、出来っていないというか。
プリンチパーレと混ぜるにも、フルートは弱めです。
12フルートも、ソロで綺麗です。

ペダルには、常にコントラバッソが入ってて、これはうーん。。
フルートソロではペダル使えないですし、
オンオフ出来たらいいのにね。

みんな、それは分かっているけれど、修復するというのは、勝手に変えてしまってはいけない!!!のです。
だから、不便なもの、おかしいものがあっても、それが偽物だとか、なにか証拠がないと、、変更できないという、、、歴史研究の難しい課題にぶつかります。。


鍵盤は新しく、ツルツル。
ヤスリで綺麗に磨いてあるようなツルツル😢
鍵盤としての、触り心地は人工的で、
弾いているた疲れます😢
もうちょっとナチュラルが良いよ、とオルガンビルダーには言ってきました、分かってくれるといいなー

また鍵盤はゴムっぽい重さがあって、
来てた別の人がは新しいからね、と言ったけど、、
え、そういうもんなの、、?!
かなり疑問です。
チェンバロのように小さめで重いと、やはり弾きにくいです。

バルコニーはとても狭く、
体格の大きな人はこれじゃまともに弾けないといった感想も。
教会の音響は、残響もとても良かったです
昨日の教会も、修復の際に音響が損なわれていないのは、非常に嬉しいことです。
変な材料を壁とかに使ってないのかなと!

音色の良いストップがあり、
いろいろ組み合わせの可能性を探ったり、
結構楽しめるオルガンでした😊

ボローニャ周辺、歴史的に豊かな土地でもあり、
一見小さな街でも、こうしてオルガン残っているのです、すごいですねーー❣️

塔も、かなり古そうな感じ、
とくに下の半分。

ー 場所: サンターガタ・ボロニェーゼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/2413/trackback

PAGE TOP