聖マルティーノ教会オルガン と私

 

ジョバンニ・チプリ1556年のルネッサンスオルガン🎶

 

ミサを聴きに来た友人が撮ってくれました😊

言わないと私だって、分からないくらい小さいですが!

 

教会の音響構造から、オルガンの正面付近が1番音が良いのです。
手前だと、少しモヤモヤしてきます。
なので、この写真を撮っているところが、ベストポジション!

 

真ん中の1番大きなパイプは、12フィート(ソ)🎶
その下のドからファの音は、少し奥に配置されてます。
ボローニャ中心部で二番目に古いオルガンです。
タイプ的には、かわいらしい系🌸

 

オルガンの付きのミサは、土曜18:30と、日曜10:00, 12:00,18:30

でも、度々ルガニスト不在で、入ってないこともあります。

私も時折、弾いてます。

 

また、

午前中、水曜木曜の午後の教会が開いている時間には、たまに私が弾いてます。

 

ボローニャ、聖マルティーノ教会

 

絵画も、ルネサンス時期のものなど、実は、お宝いっぱいの聖マルティーノ教会。

入ったところのケースに置いてある解説の本(大き目、15ユーロで買えます)に詳細が書いてあります。

少し前に亡くなれらた聖マルティーノにいた修道士さんが書いた傑作の本です。

 

さらに、

土曜午前中は、ボランティアのガイドさんが来てて、

奥のサクレスティア(控室みたいな部屋)もオープンし、

いくつかの古いものの展示が見られるのと、ガイドさんとお話できます♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/2222/trackback

PAGE TOP