マルコ・アントニオ・カヴァツォーニ

音楽のお話、楽曲のことは、あんまり書いてこなかったのですが、

音楽の、自分の興味といったら、やはりここなので、

書いてみることにしました♪

 

 

親子で音楽家のカヴァツォーニ、

これは、お父さんの方です。

 

マルコ・アントニオ・カヴァツォーニ

Cavazzoni Marco Antonio (1485-1569)

ウィキディア

https://en.wikipedia.org/wiki/Marco_Antonio_Cavazzoni

 

 

ボローニャ出身のカヴァツォーニ、

ボローニャで弾くならと、初期に勉強した楽譜ですが、

ヴェネチアに行ったのですよね。

この楽譜もヴェネチアで出版されています。

息子のジローラモは、ヴェネチアじゃないかと思われます。

 

これまでは、ボローニャのイメージを持ってて、

ボローニャのオルガンで弾くイメージ、弾かれているのもそういう風に聞いてて、

私もそんな感じで、弾いてきました。

 

それも有りだと思いますが、

ヴェネチアにも言って、メールロもよく弾いてて、

そのヴェネチアの大オルガンのイメージで、

弾いてみたら、、

ぜんぜん違う雰囲気になりました!!

 

イメージ、大事です。

毎回、同じように弾く、なんてのは、芸術じゃないと思ってて、

毎回、違う直観、インスピレーションを持つようにしているけど、

今回のは、劇的に違いました(^^)

 

聴いてた詳しい知人も、あれ、ランディーニ弾いたの、これ誰?

みたいな感想で、

おおーー やっぱり違ってたよねと♪

 

 

どう弾くかは、個人のセンスなのですけど、

古い楽曲が好きな方には、おススメの一冊です。

 

カヴァツォーニの曲は、

古いイタリア曲集に、一部入っていたりしますが、

まとまって新しいのは、この版かと。

 

この出版社 Il Levante editore, レバンテ は、イタリアの曲をたくさん出している比較的新しい版で、

どんどんいろんなものが出ているので、

イタリアのオルガン曲が好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

TA+数字で、通し番号になってます。

 

最新が、、TA39かな。

どんどん出てますよー

 

私は、半分くらいは持っているかな♪

 

TA16も、面白いです。(少し前に、編集者のオルガニストさんにもお会いしました、素敵な方でした)

 

古い曲は、ほとんど勉強しつくしてて、

いまはメールロを極めているところです。

メールロ、すごいです、音楽がよく出来ています。

ガブリエーリより古いのに、いや、すごいなって。

Buusも、最近になって、良さがわかってきました。

はじめて見たときは、なんだこれは、この長すぎる曲は、、、!

詳しくは、また別の記事に、書こうと思います♪

 

 

 

http://www.illevante-libreria.it/shop/en/tastata-works-of-tablature-organ-and-harpsichord/24-ta-23-marco-antonio-1485-1569-recerchari-motetti-canzoni-libro-primo-venezia-1523-recercada-castellarquato-ii-9788895203195.html

TA 23 – Recerchari Motetti Canzoni – Libro Primo (Venezia 1523) – Recercada (Castell’Arquato, II)

 

 

ボローニャの楽譜屋さんでも、注文できると思います。

https://www.utorpheus.com/

 

PAGE TOP