イタリアの試験、音楽院

イタリアの試験

 

ビザをもらうのに、ボローニャ音楽院に行っているわけですが、
私が今いるのは、大学卒業した後くらいのマスターコース。

 

出席だけで良い授業が半分以上のなか、
試験が二つだけありました🙃

 

どちらも、口頭試験。

 

外国人には、書きじゃない分に、
楽かもしれません〜😃

 

でも、一人15分から30分近く?!
わずか10人ちょっとの学生のために、
何時間も試験をする先生はすごいし、
何時間も、順番を待つ学生も大変。

 

今日は出遅れたせいか、12番。
4時間くらい待っただろうか。。

 

でも、
意外に、先生は筆記試験よりも、
準備も採点も要らないから、楽?!

 

足りないところがあると、その場で、突っこまれるわけですが、
その方が筆記試験より勉強になるし、
その場で結果が分かるのは、
クリアで非常に良いです❣️

 

一つ目の楽譜の文献学は、ふだんから勉強してるよ!

ということで、なにも勉強せずに行って、

最近の学びを話したら、ぎりぎりパス。

 

音楽哲学は、さすがに、ふだん勉強していない、、

ので、なにもせずに行くわけに、行かず、

ちょっとだけ。

でも、興味のないこと、自分の音楽に意味のないことに時間をさいてもね、

と思って、

選んだお題は、
マルシーリオ•フィチーノ が書いた音楽についてのこと🎶
短いプレゼンが出来るくらいは、理解。

 

無事に、音楽哲学の試験をパス!
先月受けた、はじめての口頭試験より点数良かったです、
約1日、勉強したしね😃

 

とはいえ、調べても、見つからなかったこともあり、

私としても、試験のため、
ではなく勉強に来ているわけだから、
調べたけど、分からなかった疑問点は、
試験中だろうが、
遠慮なく質問しますよ😆

いくつかは、先生から答えを得ました。

 

でも、ルネサンス時代のフィレンツェの哲学は、

奥が深い。。

当時は、いまの科学なんて無いから、

医者でもあったフィチーノは、護符を作ったり、いわゆる魔術みたいなこともしているわけです。

 

音楽が、宇宙と人のエネルギーに関与できるというのは、、

いま、新しいと思われるようなことですよ。

音楽は、チャクラのエネルギーに影響できますからね、

チャクラというのが、すでに古い概念になってきているみたいですが、

人のエネルギー調整に、音楽は有効ですね♪

 

当時の人たちは、いまよりももっと自然な環境で生きていたわけで、

感覚がより勝っていたと思うもの、自然です。

 

ミサのパンの、話だけではないですが、

当時の人たちが、膨大なお金、労力をかけて、

おおきな教会を作ったのは、

たんに、象徴だけではないのだと、最近気づきました。

そこのエネルギーが、結果的に、最終的に、回り巡って、自分たちに大事であったことを、

感じていたんだと思ってます。

 

こんど、
フィレンツェのサンタマリアデッラフィオーレ大聖堂にあるフィチーノ の胸像、
スカルチャルーピーのと一緒に見に行きたいなと思います。

PAGE TOP