聖ペトローニオのチャペル、大聖堂内

ボローニャの聖ペトローニオ大聖堂の中にある、聖ペトローニオのチャペル(中にある小さく分かれている両端の教会の一つ)

は、

復活祭(パスクワ)のために、特別に飾られています。

とても美しいです。

 

奥に置いてある、ろうそく立てがちょっと曲がっているのが、

少し完成度を下げているような気もしますが笑

でも、もともとの場が、強いです。

 

聖木曜日から、夜の時間もメディテーションのために開いていたりして、

私も行ってきたのですが、

ふだんはあまり入らない、この椅子が置いてある近くに入ってみて、

びっくり!

エネルギーが高いんです。

椅子の手前には、ろうそくをともすところがあって、

ふだんは、そのろうそくの手前までしか近づいていませんでした。

 

どう捉えるかの感覚は、チャネリングと一緒で最後は個人に依存するので、

私の得たものですが、

このチャペルは、聖人、聖ペトローニオの骨を置いてあるということで大事なチャペルなのだけど、

聖人の魂は、ここには居ないのです。

骨自体は、空って感じです。

それは手前からも感じていましたが、やはり近くでも、空の感覚は一緒です。

 

でもね、エネルギー高いんです。

上と、天と繋がっている場があるように、感じてます。

エネルギーの使える方が、意識的か無意識的か、

これまでの歴史のどこかで、この場で、上と繋げてたんですね。

それが、残っているので、あとからの人も、それを使うと繋がりやすい。

そういうものが、上からバーンって、ここの中心あたりに下りているのを感じます。

 

場が作られているという意味では、

古いオルガンのある場所もそうで、

繋がりやすいんですね。

 

ろうそくの置いてある先は、入りにくいですが、

祈りの人は入ってもいいわけですので、

ぜひ入ってみて、しばらく座って、感じてみてください♡

 

 

写真でも、エネルギー伝わるので、

分かる方は、この写真見て、すでに感じているかもしれませんね1

 

 

曲がっているろうそく立て、だけではないですが、

何かのエネルギーを最大限に、ベストに仕上げていこうとしたとき、

全てのステップに対して、

注意を払うことで、ベストができるんだなって、気づきました。

 

料理で、素材選び、どうやって料理するか、どういう気持ちで料理するか、

とくに、この最後の、料理する人がどんなエネルギーを吹き込むか、興味深いところです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://annafree.info/archives/1537/trackback

PAGE TOP