嫌な体験、から得るもの

 

いま思い出しても、嫌な人だったと、正直なところ思う。

 

そんな記憶は、ないですか??

 

私は、そんな記憶をちょうど思い出していました。

 

あのときの、一緒に働いてた人、嫌な人だったなーーーっていう。。

 

ただ、

そして、
そこにそれなりに、留まってしまっていたということは、
私自信が、周りからのサインを見つけるという学びを出来ずに、

とどまっていたという証拠でしかないのです!

 

自分が、その現実を引き起こし、

サインが来ているのに、我慢を続けていたわけですよね。。

 

8年前の震災の時期にも、

えーーって、びっくりする発言、言われた嫌なことを、

いまでも、思い出します笑

 

 

びっくり体験には、いろんな学びが、

場合によっては、一つだけでなく、何個も隠されているんでしょうね。

 

自分の中で、はっきりできなかったこと、

こうしなければいけないって思ってたこと、

嫌なものすら、受け入れないといけないという自分にしてしまっていたこと、

また、端からみると、こういうことは自分でやらないでおきたいという思いの学び、

考え出すと、際限なく、学びらしい課題は出てきます。

 

どれが、メインか、当たりか、、分からないくらいです。

 

そんな嫌体験、結構持っているんじゃないでしょうか。

 

嫌なことも、こうして思い出すことで、学び直し、
次へ進んでいくのだと思います。

 

思い出してみて、

嫌だと思っているうちは、

そこにまだ何かが残っているということです。

 

開放していくと、この体験があって、この学びがあったのか、

すべては、愛と感謝に繋がっていきます♡

 

嫌な悪役になってくれた人、なんの繋がりのない人に比べたら、

実は、魂の繋がり、強いんだなって、思うこの頃です。

PAGE TOP