ボローニャ観光:聖ステファノ、聖ペトローニオ、聖ピエトロ

 

明るいうちから、きれいに月が見えています😍😍

この日の日曜は、
いつものように、聖ペトローニオのミサを弾いたあと、
午後は、ずっと
ミラノから来たゲストさん達と一緒にボローニャ観光😃❗️

 

私のお友達、博識の神父さんのガイドは、
たぶんボローニャ1詳しいです

 

上の写真は、聖ステファノ教会。

この3つは、重要な教会です。

他にもあるけど!

 

歴史やアート、建築のスタイルなどにも非常に詳しいゲストの方々だったので、
ガイドにも、いつになく、一層熱が入ってました❣️

へー、ふーん、そうなんだー
という一般観光客には、こうはならないですね😲

充実した説明を得るには、こちらの勉強も大事です🧐
私には、まだハードル高いです。。

 

聖ペトローニオから出て、一緒にランチに行こうという話になってから、、
延々と続く聖ペトローニオ大聖堂の中でのガイド🤣
1時間くらいして、やっとランチになりました🍝

 

聖ペトローニオ大聖堂の、フレスコ画のある有名なチャペルです。

 

天国と地獄のフレスコが有名なのだけど、

地獄絵、、こわいし。。

 

私は天井の星の柄の方が好みです🌟

 

このフレスコの地獄に、ムハンマドの名前があるので、
テロ対策で、
大聖堂の入り口には、軍のスタッフが常駐しているんですよ。

荷物チェックしているときもありますが、
日本人には、あまり警戒していないんじゃないかなと。

 

名前は、オリジナルではなく、後から書かれたもの、、

修復して、消してしまったら、テロの心配もないのにって、個人的には思ってしまうのですが、

いろいろ複雑なストーリーがあるんだそうです。

 

これは、出口の扉の鍵、こんなところも、古いものばかりで楽しいです♪

このエリアは、観光客向けには、有料です。

 

続いてきたのは、

カテドラル。聖ピエトロ大聖堂。

音楽関係者には気になる、

小さなオルガンや、楽器を弾いている美しい天井画が奥にあります🎶

 

 

というのは、この下に、古いオルガンがあるのです。

残念ながら、いま故障してます。

古いオルガンは、三つのパートに分かれている電子コントロールのオルガン。
左右のオルガンには、これ以前にあったオルガンから、かなり古いパイプが移行されています。
しかも、その古いオルガンのオルガンケースは保存されているのですよ!
二つの古いオルガンが、再修復によって、
再び再構築されるのを期待していますが、、
かなりの費用がかかるので、
まだ全くプロジェクトはできてもいません🧐

2台オルガンの弾ける、古いオルガン、ぜひ修復してほしいです!!

 

通常、この奥はオープンになっていないエリアなので、
機会は少ないないかと思います。

ぐるっと、動画を撮ったのを、Facebookにアップしてます。

 

 

ふだんは、手前の左にある、ドイツのモダンオルガン使われています。
イタリアの、司教さんもミサをする大事な大聖堂なのに、ドイツタイプとは、少し残念な感じです。
弾きやすくはありますが、場所もあまり良いわけでなく、強めの音色のオルガンです。

 

 

ボローニャは、戦争中に爆弾で壊れた建物も有りますが、

多くの場所が古いまま残っています。

教会のほか、歩きながら、邸宅や通りを見学、

ミラノから来たイタリア人も大満足のボローニャ観光でした♡

PAGE TOP