日本の靴を脱ぐ習慣の利点、イタリア語で紹介

日本の、家に入るときに靴を脱ぐ習慣、の利点
(イタリア語の記事!)が紹介されてます😄😄

 

衛生的なんですね!

外から、日本の文化を改めてみると、より分かるようになります。

 

以前に短期間滞在してお世話になった知人、きれい好きなイタリア人女性のおうちは、
日本式で、靴を脱いで入るようになってました♡
やっぱり快適です

 

Perché togliersi le scarpe prima di entrare in casa è una sana abitudine

 

ーーー以下、GOOGLE直訳(一部)ーーー

家に入る前に靴を脱ぐのは健康的な習慣です

家に入る前にあなたの靴を脱ぐことは、今日世界中の何百万もの人々が、便利さのためにそして衛生上および健康上の理由のために、採用することに決めた古代日本の習慣です。

とくに奇妙で誇張された決断のように思われるかもしれませんが、特にゲストとして女主人から要求された場合、それを実践する人々に確かに多くの利益をもたらすことが証明されています。

実際、日本の家では入り口に必ず靴を脱ぐステップがあります。自宅で靴を履いて入ることがしてはいけないことと考えられているなら、畳の上で靴を履いて歩くことは本当の冒険者です。
時々あなたはスリッパを与えられるでしょうが、時々ではありません。実際、日本では、この習慣はレストラン、ジム、学校などの公共の場でも行われています。

しかし、家でクロールする小さな子供たちがいなくても、なぜあなたの靴を脱ぐのが便利なのでしょうか。

あなたの靴を脱ぐ、心の衛生のしぐさ
家に入る前にあなたの靴を脱ぐ習慣は確かに衛生上の問題に関係しています。私たちの靴は日々、何千ものバクテリアや微生物を捕獲しています。例えば、私たちの免疫システムは弱いです。

そして、これはゆっくりと、ヨーロッパのすべての国で理解されています。実際、この習慣は家族から家族へと徐々に広がっています。

これは、靴が家の汚れやバクテリア汚染の主な原因の1つであることをますます認識しているためです。それは、単に清潔で消毒されていない多くの表面に継続的にさらされるからです。

この家は「神聖な場所」であり、外部の微小病原菌の汚染から可能な限り離れた場所になければなりません。

多くの専門家がこの習慣について研究を行い、実際に靴が危険な病原体の主な媒介物の1つであることを発見しました。ただし、何らかの理由で口や開いた創傷と直接接触しない限り、靴からの細菌による感染の可能性は最小限であることを明確にすることが重要です。

バクテリアが私たちの家と接触する方法はたくさんあるという事実、そして時とともに、私たちの体はそれらと戦うために強くなってきたという事実も考慮に入れなければなりません。

PAGE TOP